ベル学術振興機構とは

現在日本では超高齢化社会といわれ、日本人の4人に1人が高齢者となりました。
そして多くの高齢者が、加齢にともなう様々な疾病や筋力低下などにより、自立した生活が困難になり、介護を受けています。しかし、それは全て日常生活の自立支援であり、マイナスをゼロに戻すことを目的としています。
そういった環境の中、ベル学術振興機構は以下の3点を目的とします。

技術の体系化加齢に伴う不自由を補うことはもちろんのこと、マイナスからゼロだけではなく、その先にある、ありたい姿の実現を助ける技術の体系化

about_arrow

サービスの科学化目標達成が心身へどのような影響を与えたか、サービスインまでのプロセスを含めた症例研究を行う

about_arrow

産業の福祉化研究され、体系化された技術を普及させ、全ての産業で加齢というリスクを受け入れる事ができる環境を整える

ベル・スタイリッシュケアの技術

ベル・スタイリッシュケアとは高齢で支援が必要なクライアントに対し、「クライアントを支援し、スタイリッシュにみえること」は元より、「支援している側もスタイリッシュであること」を体系化した技術です。

日常生活の一つ一つの動作を合理的に行っている人、美しい所作で行っている人はあまりいません。動作において美しい所作をする「所作美」と合理的な動きをする「機能性」は相反する面があります。美しい所作をすれば合理的な動きができず、合理的な動きをすれば美しい所作を行えません。この両軸にある動作をTPOに合わせ使い分けることが「ベル・スタイリッシュケア」の技術です。

ベル・スタイリッシュケアは様々な場面で活用できます。
例えばご高齢の方が車に乗る時。例えば車いすの方が来店されたとき。マナーから生まれたベル・スタイリッシュケアは様々なサービス産業を福祉化します。
人と人とが関わるサービス業において、この技術はマナーの先にある技術です。

一般的な介護支援は日常生活を援助する支援方法です。
しかしベル学術振興機構が研究する技術はマナーの延長線上にある支援技術であり、非日常を援助する支援方法です。
例えば結婚式の場。日常生活とは違い、文化・風習にのっとった進行のもと、多くの人とかかわり、特に新郎新婦に近い血縁者ほど品のある立ち振る舞いをしなければなりません。そんな時に必要なのは日常の自立支援ではなく、非日常の支援なのです。安全であること根底としつつも、サービスを受ける人を光り輝かせるケアが必要なのです。

実践例

サービス業にとって最大の成果は相手を感動させる事です。ベル学術振興機構は高齢になっても感動できる環境を作るため、研究する学術団体です。