ベル・アシスタントとは

ベルボーイ×介護を習得したサービスマン

 

IMGP4567

ホテル・ウェディング等の高付加価値サービスの場で介護支援サービスを提供する事ができる能力を持った者がベル・アシスタントです。

ベル・アシスタントの活躍のシーン

従来の介護サービスと違い、ベル・アシスタントは介護施設などで支援を行うのではなく、様々なサービス業の場で介護支援を提供する技術を習得しています。第三者から見て、支援を受ける側・提供する側共に違和感の少ない支援を提供します。ベル・アシスタントは以下のシーン等で活躍が期待されています。

様々な場での活躍5
    • ●結婚式に車いすの御招待客様が参列される時のプロデュース
  • ●遠方から支援の必要なお客様が来訪される時のコーディネート

●商業施設にてご高齢のお客様が来店された時のアテンド

 etc…

ベル・アシスタント資格とは

このような様々なサービス業の場で、介護支援を行う技術を体系化した資格。それが、ベル・アシスタントです。「マナー」を根底とした支援技術「ベル・スタイリッシュケア」に加え「ブライダル」の知識・技能を習得した者として認定する資格です。ベル・アシスタントの支援では介護サービスと違い、結婚式などの非日常の支援を行います。その為、高い専門性と独自のノウハウを習得します。様々な対人サービス業にて、高付加価値の支援サービスを提供する者として活躍が求められています。
また、豪華な結婚文化で有名な名古屋で生まれた結婚式場付き添い介護サービス「ベルウェディング」を行うのに必須な資格となります。

従来の介護とベル・アシスタントの違い

従来の介護とベル・アシスタントの介助は明確な違いがあります。

視点 タイムスケジュール
従来の介護 介護者・被介護者
(2者視点)
相手のタイミング
ベル・アシスタント 支援者・クライアント、
他人(3者視点)
第三者のタイミング

視点の違い

従来の介護であれば、被介護者の安全・安心・安楽の為、どうすべきかを考え研究された動きです。介護者が体を壊さぬよう、介護者にとっても、被介護者にとっても負担のかからない支援方法を行い、最終的には自立を目的とした支援を行います。
しかしベル・アシスタントは違います。
ベル・アシスタントは自身の動きがクライアントの第三者からの評価に繋がることを意識します。ベル・アシスタントの支援方法は第三者から見られることが前提の動きです。
様々な風習・文化があるこの日本で、どの目線から見ても美しい動きをする人であり、クライアントの黒子であり、クライアントを輝かせる存在がベル・アシスタントです。

タイムスケジュールの違い

従来の介護の多くは家などの被介護者にとって馴染みのある生活の場で行い、被介護者のタイミングで行動を決定します。
しかしベル・アシスタントは違います。様々な風習・文化に則り行われる結婚式の場で品のある親族を演出する為、周囲のタイムスケジュールに合わせた行動を支援します。

結婚文化が根付いた土地柄であり、高付加価値を求める名古屋だからこそ生まれたベルウェディングのサービスを一緒に学びましょう。